通常のメールソフトと同じようにメールサーバーを経由して送信するための設定です。

FreeLessonから送信するさまざまなメールは、受信する際に迷惑メール扱いになる場合があります。
ですが、この機能を利用することで迷惑メールとして処理されない効果が期待できます。
各項目の値はプロバイダからの通知書(お申し込み内容のご案内など)に記載されています。分からない場合はご契約中のインターネットプロバイダにお問い合わせください。

  1. SMTPメール送信の設定をする
  2. SMTPで送信しているか確認する

SMTPメール送信の設定をする

『管理機能>>基本設定>>送信』を開きます。

基本設定_SMTPメール送信

 

SMTPサーバー名

SMTPサーバー名を半角の英数字で設定します。

SMTPポート

ポート番号を設定します。通常、使用するポート番号は「465」です。

SMTP-Authユーザー名

SMTPアカウント名を半角の英数字で設定します。

SMTP-Authパスワード

使用するSMTPアカウントのパスワードを設定します。

 

※GmailのSMTPサーバーを利用する場合
2段階認証プロセスを使用している場合は、Google アカウント設定で生成したアプリパスワードをSMTP-Authパスワードに入力してください。
2段階認証を使用していない場合は、Google アカウント設定で「安全性の低いアプリのアクセス」を有効にする必要があります。

 

SMTPで送信しているか確認する

SMTPメールで正常に送信できない場合は自動的にFreeLessonのサーバーからのメール送信に切り替えて送信を続行します。正しくSMTPメールに切り替えできているかは、メールログの送信方法にてご確認頂けます。

ローカル・・・FreeLessonのサーバーから送信しています

SMTP・・・SMTPサーバーを経由して送信しています

メールログ - 管理画面

 


SPF,DKIM,メールサーバー間の暗号化 の対応状況はメールサーバーに依存します。