スクール・教室向け予約システム | FreeLesson

よくある質問

FAQ

2020年10月時点で対応しておりません。対応する予定もございません。

導入までのスケジュールについては以下をご確認ください

導入スケジュール

申し訳ございませんが、ご提供機能のカスタマイズはできません。

弊社の業務効率化を図り、全体としてより安価により多くの機能を提供するためご理解ください。

申し訳ございませんが、料金プランに記載のほかに料金プランはございません。

弊社の業務効率化を図り、全体としてより安価により多くの機能を提供するためご理解ください。

ご検討ありがとうございます。

クラウドプランへのお申込みについては以下をご確認ください。

お申し込み手続きについて

はい。お申し込み頂いた時点のトライアルの設定を引き継いでクラウドプランをご利用頂けます。

メールが届かない原因は受け取り側も含めて多数の要素がございますが、問題を低減させる方法として2点ご案内申し上げます。

1,ドメインのSPFレコードを設定する
管理者メールアドレスに設定されたアドレスから送信できるサーバーを公開している設定にフリーレッスンのサーバーが含まれていない場合は迷惑メールとして扱われる可能性が高まります。
具体的なSPFレコード設定内容についてはサポートまでお問い合わせください。

2,SMTPメール送信の機能を使用する
通常のメールソフトと同様にメールサーバー経由してメール送信することで迷惑メールになる可能性を減らすことができます。

SMTPメール送信の登録をする
上記でメールが届く可能性が高まることが期待できますが、メールについては 受取側のサーバーの設定など原因が様々なため、弊社だけで解決できない ケースが多数ございます。予めご了承ください。

システムからメールが送信できているかについては管理機能 メールログ にてご確認頂けます。
送信履歴が確認できればシステムからメールは送信されておりますので、相手に到着までのどこかに問題がある可能性があります。

スクールに通われるお客様の中にはクレジットカードの使用について慎重であったり、諸事情により利用できない方がいらっしゃいます。

  • フリーレッスン上にクレジットカード情報の保管も通過も行っておらず、PCI DSS(※)準拠の決済代行会社にて保管されております。
  • 繰り返し決済については、ご登録のクレジットカードとスクール間での取引に限定されており、他の組み合わせの取引に利用はできません。

※PCI DSS(PCIデータセキュリティスタンダード) JCB・American Express・Discover・マスターカード・VISAの国際ペイメントブランド5社が共同で策定した、クレジット業界におけるグローバルセキュリティ基準

クレジットカードが諸事情により利用できないお客様の場合でも、デビットカードやプリペイド型のカードであれば一部利用できケースがございます。具体的には以下のカードで利用できたとご連絡を頂いております。

LINE Payカード

※他のカードでも利用確認がありましたら順次追加してまいります。

フリーレッスンで別途契約をお願いしている決済代行会社(PAY.JP)とすでに契約をしている場合、契約継続が可能な場合があります。

条件なども現行のままご利用いただける場合がありますので、詳細はお問い合わせください。

各種受付完了メールは当事者である生徒と運営窓口のメールアドレスに送信されます。

その他に、校舎のメールアドレスやレッスン担当の講師を設定している場合は講師にも送信することができます。

フリーレッスンの標準機能のデータインポート機能を利用して、CSVファイルで各種情報を一括で取り込むことが可能です。

旧システムと異なる内容の編集は必要ですが、大幅に作業時間が短縮できます。

ただし、予約情報についてはインポートできませんので手作業にて移し替えることになります。
システム移行スケジュールについて

有料オプション(¥5,000+税/月)で、ご希望のドメインでのご利用が可能です。

標準URLはhttps://free-lesson.com/●●●●/(●はご希望の4文字以上の小文字英数字)となります。

内容をお伺いして、別途有償となりますがカスタマイズでの対応もさせていただきます。

まずはお気軽にサポートまでお問い合わせください。

弊社ではホームページ制作も承っております。

また、現在ホームページを開設している場合は、予約システム導入の導入やシステム変更を行うことで必要になる現ホームページのメンテナンスや更新も承っております。
デザインとサイト構築について

現状をお伺いしてご要望に合わせた対応を行わせていただきますので、お気軽に見積をお申しつけください。

予約やキャンセルの受付時には受付完了のメールが自動で送信されます。

予約受付完了のメールは管理者や校舎、講師にも送信することが出来ます。

ただし、スクールの事情によるキャンセルや当日キャンセルなど、一部の受付では受付メールは送信しません。

また、スタジオで操作を行う一部の処理ではメール送信の有無を選択できるようになっています。

詳しい仕様はこちらをご確認ください。

予約日の前日などにお知らせのメールを自動で配信することが出来ます。

一度設定してしまえばあとは自動でメールが送信されますので、予約忘れによるキャンセルを減らすことが出来ます。

詳しい設定方法はこちらをご覧ください。

 

 

 

 

可能です。お客様番号の指定がない場合は自動的に割り振ります。

なお、マイページへのログインIDは、お客様番号・メールアドレス・携帯番号・任意の文字列が選択できます。
詳細はこちらをご覧ください。

講師にスタッフIDを発行すれば、講師は管理画面から自身の予約枠の設定ができます。
管理画面にログインして、予めスクールが決めた時間枠に対してシフト設定から在室時間をセットします。
スタッフIDを発行する際に管理画面の操作範囲を制限することで、講師の管理画面では自身のシフトのみ設定できるようになります。

レッスン回数は契約コースで決定しますが、契約コースごとに1ヶ月あたりの上限数を設定すれば、上限数以上の予約は出来ません。

例えば、1人の生徒様でもボーカル月4回のコースとギター月2回というコースを契約すれば、コースごとの回数以上は予約出来ません。

また、1日の予約上限数や1か月のキャンセル上限数なども、コースごとに設定できます。

詳しい設定方法はこちらをご覧ください。

契約コースごとに、予約できる校舎と時間を制限できます。

複数契約を組み合わせれば様々な設定が可能となり、柔軟な運用が可能です。
複数校舎についてはこちらをご覧ください。

講師は予約時に自由に選択できます。

マイページからの予約方法はこちらをご覧ください。

教室(ブース)は選択できません。ただし、ピアノやレコーディング、DTMといった機材等が必要なレッスンは機材の在庫数(教室数)ごとに制限をかけることができます。
時間は18:00 19:10 20:20などのように、予めスクールが決めた時間枠からの選択となります。

予約のキャンセルは受付締切前であれば生徒がマイページから行うことが出来ます。
変更は予約をいったんキャンセルし、新たに予約を入れます。

なお、受付締切の時間は予約とキャンセルで別々に設定できます。

はい。お問い合わせより、見積書をご請求ください。

生徒が予約やキャンセルをしたり、登録情報の変更などをするマイページを利用するにはログインIDが必要になります。
ログインIDにはお客様情報の以下項目から1つを選択して使用できます。

  1. メールアドレス
  2. 携帯電話番号
  3. 会員No
  4. カスタム項目 生徒が自由に決定できるユーザーID

ログインIDに指定した項目は重複した登録ができなくなります。

子供の予約を親が管理する場合などは、親に対して複数の子供の登録が必要になるため、メールアドレス・携帯電話番号の利用はおすすめできません。

すでに他の予約システムでログインIDが発行済みの場合でもインポートして利用できます。

ご興味頂きありがとうございます。
以下の方法がございます。ご連絡方法をお問い合わせよりご連絡ください。

  1. メール
    個別に導入の問題点などご相談させて頂いております。
    導入を検討頂いている事業のウェブサイトをご連絡ください。
  2. お電話
    弊社よりお電話させて頂きますので、ご連絡先の電話番号とご希望の日時をご連絡ください。
  3. Skype
    弊社よりコールさせて頂きますので、SkypeIDとご希望の日時をご連絡ください。
  4. ご訪問(近畿圏)
    ご訪問先とご希望日時の候補をご連絡ください。
  5. ご訪問(東京方面)
    1ヶ月に1度のタイミングでご訪問可能な機会がございます。
    お問い合わせ頂いた方を対象に、約1週間前にお声掛けさせて頂いております。
  6. ご訪問(上記以外)
    基本的にはお電話やskypeをお願いしておりますが、個別にご相談させて頂きます。

まずはお問い合わせください。

パソコンとインターネット接続通信費が必要です。パソコンは一般的な市販のパソコンをご用意頂ければ問題ありません。

オンライン決済を利用する場合は、決済代行事業者との月額費用・処理料・決済手数料が必要となります。

受付端末をご利用の場合は、専用のICカードリーダーのご購入と受付端末用にWindowsパソコンが必要です。ICカードは交通系・電子マネー用などが利用可能ですが、スクール用カードの作成も承っております。

CTI連携をご利用の場合は、電話の契約事業者とナンバーディスプレイ契約とCTI機器、CTI接続ソフトウェアライセンスが必要です。

スマレジ連携をご利用の場合は、スマレジの有料契約が必要です。

セキュリティ強化のためフリーレッスン管理画面への接続元を制限する場合は、固定IPアドレスの利用をお勧めしております。インターネット接続事業者によっては固定IPアドレスオプションがない場合もあります。

はい、可能です。カスタマイズの内容をお伺いして開発費を別途お見積りさせて頂きます。カスタマイズを行っても月額費用に変更はありません。

はい。HTMLのテンプレートを管理画面から編集して頂けますので、サービスサイトと統一性のあるデザインに変更することも可能です。